その他サービス

【オーディオブック】スキマ時間で効果的に学び・楽しむ方法【聴く読書】

2020年2月11日

ワタカズ
ワタカズ
こんにちは、ワタカズ(@wata-kazu-no1 )です!
困っている人
困っている人
毎日のスキマ時間がもったいない。スキマ時間を有効活用できるサービスを教えて欲しい。

こんな悩みを解決します!

スキマ時間の有効活用なら、オーディオブックを利用してはいかがでしょうか?

オーディオブックは「耳で聴く本」と言われ、スマホと「耳のヒマ」さえあれば、いつでもどこでも「読書」ができる、利用者急増中の人気サービスです。

もちろん僕も利用してますが、普段の読書とは違った体験が面白く、すっかり生活の一部になってしまいました。

もし、まだオーディオブックが未体験なら、ぜひとも一度体験してみることを強くオススメします。

この記事では、耳でできる読書・オーディオブックの魅力について紹介します!

記事を読めば、あなたのスキマ時間が有益な読書タイムへと変わるかもしれませんよ!

サクッと読めるので、ぜひご一読ください!

オーディオブックの市場規模は拡大中

日本のオーディオブック市場は、audiobook.jp を運営する(株)オトバンク が2007年に始めたオンラインストアが先駆けとされており、すでに10年以上の歴史があります。

サービス開始当時は、利用者も限定的でした。

ところが、スマホやネット環境の充実によって、急速に利用者を伸ばすことになります。

audiobook.jpの例で言えば、2012年度の会員数が約7万5000人だったことに対し、2019年度は約30万人と、わずか7年でおよそ4倍の規模にまで成長しています。

出典元:MDB Digital Search 有望市場予測レポートシリーズにて調査

さらに驚くことに、2020年1月に(株)日本能率協会総合研究所 の発表した、オーディオブック市場の調査結果 によると、2024年には260億円規模に拡大する見通しとのことです。

これは2020年度の市場規模のおよそ3倍です。

つまりオーディオブックは、今後も深く日本人の生活に関わってくる注目のサービスということです。

オーディオブックのメリット

オーディオブックには、次のようなメリットがあります。

いつでもどこでも読書ができる

オーディオブックの最大のメリットです。

電車での通勤や通学、車での移動、トレーニングや家事中など、スマホさえあれば、例え両手がふさがっていたとしても「ながら読書」ができます。

読書のためにどっしりと腰を落とす必要もないので、より気軽に読書ができます。

なお、前章で紹介した市場調査によると、オーディオブックの利用者の過半数が移動中で利用しているそうです。

読書が苦手な人でも楽しめる

目が疲れやすい人や視覚障害の人でも、耳で聴くオーディオブックなら読書を楽しめます。

また、本はプロのナレーターや人気俳優・声優によって朗読されるので、活字が苦手な人でも読書が楽しめるように工夫されています。

みんなで聴ける、誰かに聴かせられる

オーディオブックはみんなで聴くことができます。

絵本や児童書の作品数も充実しているので、親子で一緒に楽しむことも、子供への読み聞かせにも使えます。

語学のリスニング教材として使える

オーディオブックには、語学のコンテンツが充実しているので、リスニング教材として使えます。

音声速度を調整できるので、自分のペースに合わせた学習ができます。

音声ならではの価値を得られる

オーディオブックの朗読は、1人だけで行われるものだけではありません。

例えば、ビジネス書では対話形式の本と相性が良く、別々の声優による対話で内容がわかりやすくなったり、文芸作品であれば登場人物を別々のキャストが演じて、まるでラジオドラマのように物語が展開されたりと、音声ならでは価値が生まれ、多くの人から好評を得ているそうです。

オススメのオーディオブック

それでは、僕が利用しているオススメのオーディオブックサービスを紹介します!

Audible(オーディブル)

 

出典元:Audible公式HP

Audible(オーディブル)は、米国のECサイトでおなじみのアマゾン傘下のオーディオブック大手です。

オーディオブックが盛んな米国から、2015年に満を持して日本に参入してきました。

サービス内容は下記の通りです。(2020年2月現在)

月額料金 1,500円
支払方法 クレジットカードのみ
購入冊数 毎月1冊無料(+単品購入30%オフ)
作品数 日本語 約1万冊(+洋書 5万冊)
解約後 聴ける

Audibleは、Amazonアカウントがあれば、すぐに始められます。

Audibleはコイン制を採用しており、月額1500円で毎月もらえるコインを使って好きな本を1冊買います。

日本語の作品数が少なめですが、米国企業らしく、洋書の数は圧倒的です。

本は買い切り型なので、購入後にAudibleを解約しても、引き続き音声を聴けます。

ただし、Audibleの本の単品価格は紙本よりも割高です。

ですが、コインで買える本は新作・価格を問わないので、1500円より高い本を買うとお得です。

また、会員なら通常価格より30%オフで購入できるので、高めの作品はコイン、安めの作品は実費と使い分けが良いでしょう。

他にも、会員向けの無料オリジナルコンテンツも充実しているので、本を買わなくても十分に楽しめます。

Audibleは、読書量はほどほどに、新作や専門書を楽しみたい人にはオススメです!

今なら会員登録後、最初の30日間は無料で好きな本を1冊もらえる特典付きです。

無料体験中に解約しても、もらった1冊はそのまま聴けるで、まずは気軽に体験するとわかりやすいですよ!

◆Audibleの30日間無料体験はコチラ◆

≫Audibleの無料体験で本を1冊GETする

audiobook.jp(オーディオブックジェイピー)

出典元:audioibook.jp公式HP

audiobook.jp(オーディオブックジェイピー)は、先に紹介した(株)オトバンクが提供するオーディオブックで、会員数230万人を誇る、日本のオーディオブックの先駆けです。

audiobook.jpは「聴き放題プラン」と「月額会員プラン」の2つのプランを提供しています。

各プランのサービス内容は下記のとおりです。(2020年2月現在)

プラン名 聴き放題プラン 月額会員プラン
月額料金
750円 330〜33,000円(税込)
のポイント制(ボーナスあり)
支払方法
クレジットカード
各種スマホまとめ払い
iOSアプリ内課金
同左
購入冊数 聴き放題 保有ポイントによる
作品数 日本語 約1万冊 日本語 約2万冊
解約後 聴けない 聴ける

audiobook.jpの注目は、やはり1万冊以上の日本語書籍が無料で聴ける「聴き放題プラン」でしょう。

ラインナップは発売から数年経った作品が多いですが、作品数が多いので、発売当時は買えなかった、買ったけど積読していたという作品に再び触れられる機会があるかもしれませんし、一度読んだことがある作品も、音声で聴くことで違った魅力を発見できるかもしれません。

「聴き放題プラン」は、気軽に安く、たくさん本を聴きたい人にオススメのプランです。

また、「月額会員プラン」も魅力的です。

audiobook.jpの本の価格は、紙本と同じ水準で販売されています。

月額会員プランでは、基本料金に応じてボーナスポイントが付くので、紙本を買うよりも多くの本を購入できます。

もちろん、ポイントで買った本は、audiobook.jpの解約後も、音声を楽しめます。

「月額会員プラン」は、読書はオーディオブック中心で、お得に好きな本を買いたい人にオススメのプランです。

audiobook.jpでも、無料のオリジナルコンテンツを豊富に揃えているので、こちらも本を買わなくても楽しめる要素が満載となっています。

今なら「聴き放題プラン」が初月0円で利用できます。

無料体験中の解約も自由なので、こちらも体験してみることオススメします!

◆audiobook.jpの無料体験はコチラ◆

≫audiobook.jpで「聴き放題プラン」を無料体験する

まとめ:最高のスキマ時間を楽しもう

この記事では、耳でできる読書・オーディオブックの魅力について紹介しました。

日本のオーディオブック市場は、まさにこれからです。

利用者の増加や技術の進歩で、今以上に便利な使い方が発見される伸びしろもあります。

この記事を参考に、そんな期待しかないオーディオブックをぜひ一度体験してみてください!

以上、ワタカズ(@wata-kazu-no1 )でした!

◆Audibleの30日間無料体験はコチラ◆

◆audiobook.jpの無料体験はコチラ◆


-その他サービス
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ワタカズのブログ , 2020 All Rights Reserved.