仕事

Excelマクロで文字化けや動かないときの対処方法を紹介します!

2019年12月21日

こんにちは。ワタカズ(@wata-kazu-no1)です。

長らく使われてきたWindows 7のサポート終了を機に、仕事やプライベートでWindows 10を搭載した新しいパソコンを使い始めた人も多いと思います。

ところが、

ワタカズ
ワタカズ

これまで使えていたExcelマクロが動かなくなった
何か文字化けもしてるし、前の設定もわからない…
いったい、どうすればいいんだ!

そんな人もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、パソコンでExcelマクロが使えないときに、確認しておきたい設定について紹介します。

ポイント

・Excelマクロが動作しなくなった場合のパソコンの設定方法

サクッと読めるので、このような問題でお困りの方は、ぜひご一読ください!

Excelマクロが使えなくなった!

僕は、IT関連の仕事をしているので、普段、お客様からいろんな問い合わせが寄せられます。
ある日、お客様から次のような問い合わせがありました。

パソコンを新調したら、今まで使えていたExcelマクロが動かなくなった。
変なメッセージが表示されるだけで、他のことができない。
ただ、他のパソコンで同じExcelマクロを使ったところ、問題なく動いた。

これまでExcelマクロが問題なく使えていたこと、他のパソコンで同じExcelマクロが動作したことを考えると、パソコン本体側に問題があると想像できました。

そして、実際に問題とされたパソコン画像を見せてもらったところ、文字化けした文字が並んだ『変なメッセージ』が表示されていたのです。

Excelマクロが使えない場合の対処方法

このようなケースでは、正しく日本語が表示されていないので、

『Unicode対応ではないプログラムの言語』設定を日本語にする

この操作を行うことで問題が解決します。

Windows 10における変更方法は、次の通りです。

『Windowsの設定』ウインドウを開く

スタートメニューを左クリックで表示し、『設定』アイコンをクリックします。
『Windowsの設定』ウインドウが開きます。

『地域』ダイアログを開く

『Windowsの設定』画面で『時刻と言語』をクリックします。
『時刻と言語』の設定画面に切り替わります。

『時刻と言語』の設定画面のメニューから『地域』をクリックします。
『地域』設定画面に切り替わります。

『地域』設定画面の関連設定にある、『日付、時刻、地域の追加設定』をクリックします。
『時計と地域』ウインドウが開きます。

『時計と地域』ウインドウの『日付、時刻、数値形式の変更』をクリックします。
『地域』ダイアログが開きます。

『Unicode対応ではないプログラムの言語』設定を変更する

『地域』ダイアログの管理タブにある、『システムロケールの変更』ボタンをクリックします。
『地域の設定』ダイアログが開きます。

『地域の設定』ダイアログの『現在のシステムロケール』コンボボックスの中から、『日本語(日本)』を選択し、OKボタンをクリックします。
※文字化けが起きている場合、変更前は異なる国が設定されていると思います。

パソコンの再起動を促すメッセージが表示されるので、『今すぐ再起動』をクリックして、パソコンを再起動します。

以上で設定の変更は完了です。

ワタカズ
ワタカズ

システムロケールの変更には、管理者権限が必要です。
仕事利用のパソコンで管理者権限がない場合は、会社の管理部門に相談の上で行うようにしてくださいね!

まとめ

・Excelマクロが動かない/文字化けがあるときは、『Unicode対応ではないプログラム言語』のシステムロケールの設定を『日本語(日本)』に変更する
・システムロケールの設定変更には管理者権限が必要

使うパソコンを変更するときに、最も時間がかかり、つまづきやすいのがパソコンデータと設定の移行です。

この記事が、スムーズにパソコン移行ができる役に立てば幸いです!

人気記事

【娯楽充実】VODのオススメ10社を徹底比較!アナタにピッタリの動画配信サイトは…?
【娯楽充実】VODのオススメ10社を徹底比較!アナタにピッタリの動画配信サイトは…?

続きを見る

【買ってよかった】Amazon Echo Show 5をレビュー!初めてのスマートスピーカーにオススメ!

続きを見る

-仕事
-, , , ,

Copyright© ワタカズのブログ , 2020 All Rights Reserved.